理念と行動指針

エミックについて

エミックは、1981年8月に日本製刻印機の輸出商社として創業しました。海外への輸出を通じ、欧州米国の魅力ある製品を目にする中で、日本では取り扱っていない「ショックストップ」と出会い、様々なご縁をいただき、1988年にケース業界に進むことになりました。以前に培った輸出業のノウハウを生かし、「米国ペリカン社」、「ドイツワグ社」、「イタリアプラスティカ社」、「台湾、中国メーカー」など幅広い国の製品を取り揃えていきました。また、2013年からお客様のニーズに敏速にお応えできるよう、内装加工を自社で行い、2015年からは、オーダーメイドケースの製作も始めております。近年では、防災意識の高まりから、お客さまのニーズも多様化しており、弊社でしか取り扱うことのできない製品と、強みである内装設計を組み合わせることで、お客さまに最適なケースをご提供しております。今後はさらに自社商品の開発に力を入れながら、新たな輸入商品を開拓し、海外の魅力ある製品を世に広めていきたいと考えております。これからも社会に貢献できる優良中小企業を目指し、社員一同、経営理念をもとに日々精進していく所存でございますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社エミック
代表取締役 濱田広樹

経営理念/ビジョン

経営理念

職務を通じて全従業員の社会的成長を追求し、
社員と共に発展出来る、堅実経営に努める。

ビジョン

広い視野を持ってお客さまのニーズを先取し、
より良い製品を販売する事で『エミック』をブランド化する。

3つの行動指針

  1. 新しい製品・技術を広め、お客様に貢献する
  2. 誠意を持って、お客様に対応する。
  3. 常に議論し、より良い意見を求める。